新しいお野菜が誕生しました!

ケールとブロッコリーが結婚して誕生しました。
両方の個性が合わさった新しい美味しさ。
ぜひ味わって下さい。


ケロッコの特徴

ケロッコの特徴や栄養素について


栽培ガイド

生産者向け栽培ガイド


栽培者

ケロッコはどこで仕入れられるの?


ケロッコの特徴



  • あたらしい野菜
    ケロッコはケールとブロッコリーを交配して誕生し、2018年に品種販売を開始したナバナ類の新しい野菜です。
  • 高い栄養価
    Βカロテン・ビタミンC・葉酸等の含有量が高く、栄養価のバランス優れています。
    成分(100g当たり) ブロッコリー ケール ケロッコ
    βカロテン(ゆで) 820 μg 6,460 μg 3,790 μg
    ビタミンC(ゆで) 50 mg 60 mg 100 mg
    葉酸(生) 170 μg 150 μg 230 μg

    注)上記分析結果は、弊社青果サンプルを財団法人日本食品分析センターに分析を依頼した結果です。比較する青果の品種やその栽培条件によっては、必ずしも同様の結果とならないことがあります。また上記結果を保証するものではありません。

  • 優れた食味
    甘みがあって美味しく、野菜嫌いな方も召し上がりやすいです。特に野菜嫌いの子どもにオススメです。
  • 調理が簡単
    葉・茎・花蕾が全て食べられます。茎は歯ごたえがありますが、電子レンジで下ごしらえをすることで、歯ごたえを残しつつ美味しく召し上がることができます。
  • 加工にも適した新野菜
    ケールのように青汁や野菜ジュースなどの原料にも使われていますが、独特なえぐ味がないため、他の果物などで薄める必要が少なく、より効果的に栄養を摂取することができます。
  • 栽培シーズン
    12月から2月末頃がケロッコの旬になります。菜花のように次から次にでてくる葉を収穫できるため、栽培効率がよい品種です。


栽培ガイド



  • 株間40~60㎝、畝間100〜120㎝。10aあたり1,300~2,500株目安。
  • 主枝の頂花蕾がピンポン玉程度に生育したらピンチを行う。その後、脇からでてくる側枝を収穫する。ピンチした頂花蕾も商品として活用できます。
  • 注意点:使用できる農薬は、「野菜類」「ナバナ類」のいずれかです。
  • 青果物の出荷量10aあたり100g詰めで20,000〜30,000袋が目標。
栽培ガイドダウンロード


種子のご購入




  • お試し栽培
    ケロッコをお試しで栽培してみたい!
    そんな声にお答えして、少量(50粒/袋)で購入できるようになりました。
    下記ボタンより日本農業システムオンラインショップを御覧ください。
  • 本格的な栽培
    規模を大きく栽培したい方は、弊社もしくはお近くの資材店へご相談ください。
日本農業システムオンラインショップ


生産地




千葉県 袖ヶ浦市

吉田さん

香川生産者

香川県 亀山

讃岐富士農産

千葉県 富里市

岡田さん

石川県 能登

株式会社 HARUSA

茨城県 小美玉市

株式会社 農流研



ケロッコ販売店


青果販売店

過去に取り扱い実績のあったお店等も掲載しております 。青果は季節、天候など様々な要因で品切れになる場合もありますのでご了承ください。
※お店の運営者の方からの掲載希望を受け付けております。メールなどでお知らせください。なお、ケロッコの旬は、12月~ 3月ごろまでです。

神奈川県

Parette(パレッテ)
高座渋谷店

千葉県

JA富里市直売所

石川県

どんたく各店

香川県

阪急オアシス御影店ほか


加工品販売店

過去に取り扱い実績のあったお店等も掲載しております 。

◯加工品

ケロッ葉(ケロッパ)せんべい

富士見堂

富士見堂
https://www.fujimidou.com