住化農業資材の潅水資材

製品情報

ウォーターカーテン

ハウスの内張りビニールに散水することで、
石油を用いず冬場のハウス内を保温。

単棟のビニールハウスと外張りと内張りの間にスミサンスイR育苗(推奨)、(60m超のハウスの場合はスミサンスイR露地ワイドを推奨)を吊るして冬季の夜間、地下水を散水して内張りビニールに散水します。地下水(井戸水)は冬季でも15℃程度の水温ですので冬季の夜間のハウス内を保温します。

製品特性
スミサンスイR育苗(推奨)の潅水孔がある面を下向きにして外張りビニールと内張りビニールの間に吊り下げて設置します。
まず「ごくらく(槍木産業様製)」、もしくは「フックバンド」を縦方向の天頂の直管パイプと横方向のアーチパイプが交差するところに90~100cmの間隔で設置します。その設置した「ごくらく」や「フックバンド」にスミサンスイR専用吊り具であるR用ハンガーを吊ってそこにスミサンスイR育苗(or露地ワイド)を逆さまに設置します。
石油燃料を用いずに単棟ハウスの保温が可能になります。
用途
イチゴ
アスパラガス
ニラ、ホウレンソウ、コマツナ、ミズナ等の軟弱野菜
製品使用イメージ
資料ダウンロード

ユーザー様のお声/実績例

  • スミサンスイR育苗
    作物: イチゴ(施設栽培36a)
    栃木県 宇都宮市
    赤羽 博行 様
    (JAうつのみや理事)

従来のノズルタイプより設置が非常に簡単で楽だった上に更に低価格で済み経済的でした。
ノズルでは散水がハウス上部に当たって、当たった水が凍って“つらら”になり、それが落下して排水ビニールに穴があく事がありましたが、スミサンスイに変えてからは内張りビニールにしか散水が当たらないので、その心配がなくなりました。
散水間隔が狭いので散水ムラの心配がなくなりましたし、保温性もノズルと遜色なく大変満足しています。
ノズルに比べると内張りビニールに当たる散水音は大きいですが、それによってハクビシンのハウスへの侵入が減少して助かっています。

  • スミサンスイR育苗
    作物: イチゴ(施設栽培10a)
    栃木県 小山市
    中島 亮佑 様

新規就農者です。
就農前の研修先では全てノズルタイプでウォータカーテンをしていたので、当初は使い慣れた資材の導入を考えていましたがスミサンスイRを使ったウォーターカーテンの方法を知り導入しました。
スミサンスイRは、従来のノズルよりもコストが1/3程度で済み、何よりも施工が非常に簡単で10aのハウスの設置に、弟と二人で約半日で設置することができました。
保温効果も充分に確保でき、大変満足しています。

関連製品

製品に関するお問い合わせ・サポート情報
お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ お近くの事業所で承ります。
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ お問い合わせフォームから
承ります。
カタログダウンロード
カタログダウンロード 当社製品のカタログを
ダウンロードいただけます。
TOP